R+M 前撮り和装@IRAKO VIEW HOTEL

名古屋から車で2時間。
渥美半島の先端にある伊良湖ビューホテルでの結婚式の前撮り撮影をさせていただきました。

高速を降りてからが遠いぞ。
伊良湖岬。


a0331987_22185650.jpg

a0331987_22185779.jpg

a0331987_22185723.jpg

a0331987_22185819.jpg


まずブライズルームで和装のお支度をされるお二人。
新郎さんは凛々しくてカッコよく。
新婦さんは美しかったです。

a0331987_22185829.jpg



a0331987_22185804.jpg



a0331987_22185816.jpg



a0331987_22185982.jpg


伊良湖岬のカンカンに晴れた光の中で撮影がスタート。
光が最高に強くて南国気分な陽気でした。

a0331987_22185935.jpg


a0331987_22185901.jpg

a0331987_22190030.jpg


a0331987_22190084.jpg


上から日出の石門(ひいのせきもん)が見えるロケーション。
日の出の時間に行ってみたいと思いました。
時期によって岩に空いた穴の間から日の出がみれるそうです。


a0331987_22190055.jpg

a0331987_22190060.jpg

a0331987_22190122.jpg

a0331987_22190172.jpg



たまたま披露宴会場に置いてあった金屏風をお借りしての写真。
置いてあってラッキーでした。
ラッキーな上に笑いが絶えず楽しく和装を撮れました。



少しでも何か心に響くことがありましたら、
ブログ応援のためにポチっとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
結婚式・前撮り・エンゲージメントフォトの撮影を承っております。
お仕事のご依頼やお問い合わせはこちらにメールください。
oginotetsuo@gmail.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


# by oginotetsuo | 2014-02-22 00:26 | 結婚式の前撮り、後撮りの写真 | Comments(2)

怜奈ちゃん100日記念

a0331987_22190295.jpg

a0331987_22190390.jpg

娘ちゃん。
無事に誕生100日です。

みなさまのおかげさまですくすく成長しております。

a0331987_22190308.jpg

そして写真は自宅で撮影。
家の中で本気の機材を組み立てて撮りました。

a0331987_22190425.jpg

最近、新たに購入したサンスターストロボさんの威力を実感する。
しかし天井付近から撮るのは難しい。

それと息子のデカさにちょっとビックリでした。
画角内に収まりきらず生活感が(笑)

ま、でも部屋着にスッピンな家族写真もいいもんだ!と思った次第であります。

a0331987_22190431.jpg


その後はお食い初めをしました。
口に触れると嫌がる娘ちゃん。
このまますくすくと育ってくれることをお祈りします。

a0331987_22190443.jpg


a0331987_22190450.jpg

a0331987_22190512.jpg

a0331987_22190532.jpg



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

仕事のご依頼やお問い合わせは下記メールアドレスから承ります。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


# by oginotetsuo | 2014-02-18 00:49 | 家族の写真 | Comments(0)

夜の一枚vol.13

a0331987_22190572.jpg



色んなモノを全て認めてしまうことにした。
自分の中で滞りをずっと感じていた。

それも認める。

苦手な人も一旦、認める。
そしたら急にいいところが見つかった。
これだけで苦手な人と感じなくなった。

苦手なスピリチュアルを語る人がいた。
それも認める。
雲が龍に観えたっていいか。
光が差し込むことにより神を見出だしたっていいか。
「愛」の感じ方や方向が違うんだと認めたら、
自分の中のスピリチュアルも一緒に思えた。

価値観が違うそれでOK。
新たな自分を見据えて今日を過ごした。
心が輝いているのを感じた。

「情報」と「計算」を捨て、
「感情」と「衝動」で生きる。
心にブレーキはいらないと思った。
常にフルスロットルだ。

最後はこの言葉で締めくくろう。

「私はOKじゃない。
あなたもOKじゃない。

それでOK。」

~リチャード・カールソン(アメリカ合衆国の作家・心理療法士)~



# by oginotetsuo | 2014-02-09 21:06 | 日記 | Comments(0)

朝の一枚vol.16

a0331987_22190644.jpg
楽しさが全開だと寒さなんて感じないんでしょうね。

パジャマに素手って!!

今日も楽しさ全開でいこう!!



# by oginotetsuo | 2014-02-08 10:15 | 日記 | Comments(0)

朝の一枚vol.15

a0331987_22190672.jpg


器の大きな人とは??
器の大きい人か小さい人のどちらがいいかと自分が考えた場合、
どちらかと言うと大きい人になりたいと思ったので、
お友達なんかと器の大きい人って何さ?と話し合いました。

そこで色々と調べて何かの記事で
「清濁合わせた幅広い人的ネットワークが構築できている人」
「多種多様な考え方・価値観を受け入れられる人」
とありました。

清濁です。清濁。
自分にとって「清」と感じる人はまぁいいですよね。
どんどん何かしてあげたいと思いますから。

器が大きいと言えるには、自分にとって「濁」の人との接し方が重要になると思ったわけです。
そして、どうしたらよいかカウンセリングを学んでいる方に聞きました。

「濁」という表現が曖昧ですのでニュアンスでお話しますが、自分にとってよろしくない印象を与えてしまう方ですね。
でも「濁」の方は自分ではよろしくない印象を与えてると思っていなくてそうゆう表現をしてしまっている場合が多いそうです。

なので簡単に言ってしまいますと、
「濁」の人はそうゆう考え方もあるんだ!と納得してしまうこと。
それと自分が不快だと思ってしまう言動をされている時は
「そうゆう風にしてしまうと私も困ってしまうんです」
相手にやめて!などと拒否をするのではなく、
いまのやり方だと困っちゃいますよ!
教える感じでお話すると相手も気づいてくださる。

否定せずに気づかせるってスゴくいいですね。
器の大きい人。
清濁両方受け入れます。



# by oginotetsuo | 2014-02-05 00:25 | 日記 | Comments(0)